切手買取バラ

今回はバラの切手の買取価格と相場について説明していきます。

「使いかけの切手があるので処分したい」
「昔の切手を売りたいけれどバラの状態だから売れるか分からない」

不要切手が出た際にお金に換えられないかと思いますよね。しかし、切手がバラの状態だと買い取ってもらえるのか不安です。

バラの切手でも買取可能?

不要な切手が出た際に、その切手がシート状でないことは多いのではないでしょうか。インターネットの普及により、手紙やメールへの切手の利用頻度も減っています。もう使わない切手だから処分したいけれど、バラの切手は買い取ってもらえるのか不安ですよね。

結論から申しますと、バラの切手を買い取ってもらえるかどうかは業者によって異なります。

バラ切手でないシート状の切手とは、枠が四隅にきちんとあり、汚れや糊落ちなどをしていないことが条件です。つながっていても、汚れや糊落ちがあるものはバラの切手扱いとなりますので注意が必要です。使いかけのものや、保管の際に傷んでしまった切手も多いのが現状です。
バラの切手でも買い取ってもらえるかは前もって確認する必要があります。バラ切手1枚からでも買取

可能としている業者は多いので、シート状でないからと言って心配しすぎることはありません。バラ切手の買取に力を入れている業者もありますので、売りたい切手の枚数などに合わせた業者選びが必要です。

どの業者を選べばいい?迷った場合は相見積もり!

どの業者を選ぶかは買取価格にも影響し、大切なことです。主な買取業者としては、金券ショップや切手買取専門業者が挙げられます。それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

金券ショップ

メリット

バラの普通切手を売りたい場合は金券ショップの利用がオススメです。金券ショップで取り扱っている切手は、普通切手がメインで切手を使用目的で買う人向けに販売を行っております。バラの切手に関しても、買い取ってもらえることが多いです。「額面の何パーセント」という形で買取価格が決定するので記念切手などは損になるかもしれませんが、普通切手はスムーズに買い取ってもらえます。

デメリット

金券ショップでは買取価格に変動があるケースがあります。お店に切手の在庫が多い場合は買取価格が落ち、品薄の時は買取価格が上がります。各金券ショップによって異なりますし、その場に行ってみないと分かりません。
中国切手などの外国切手は希少価値があり切手コレクターの間では高値で取引されるものも金券ショップでは相応の価格で取引されなかったり、買取を断られてしまうことがあります。
近くに店舗がある場合はよいですが、少し距離がある場合、自分で店舗に行かなければならないのはデメリットであります。

切手買取専門業者

メリット

切手の専門知識を持った人に買取をしてもらえる点が魅力です。切手には普通切手以外にさまざな種類がり、中にはプレミア価値が付く切手があります。プレミア切手の価値はプロの目で見ないと分かりません。切手買取の専門業者に買取を依頼すればその切手に相応の価格が付きます。

デメリット

切手の査定を丁寧に行ってくれますが、普通切手の場合はそれがデメリットとなります。昔の普通切手でもう手に入らないものの場合はプレミア価値が付くものもありますが、現在手に入る切手の場合は金券ショップのほうがスムーズに買い取ってもらえます。
切手の種類によってどこを利用して買い取ってもらうのが良いかは異なります。
業者選びは難しいですが、無料で査定してくれる業者に複数依頼して査定額によって決めるのも良いでしょう。
納得のいく価格で買い取ってもらうことができます。

バラ切手を高値で買取してもらうには

バラの切手を買取に出す際にオススメしたいのが、台紙に貼ることです。これは、同じ額面の切手を台紙にはる方法です。同じ額面の切手をA3またはA4の台紙に貼り付けます。

業者によって違いはありますが、バラで買取してもらう場合よりも高く買い取ってもらえます。50枚や25枚などを台紙に貼って切りの良い価格にするのが一般的です。

また、切手の保存状態は買取価格に直結します。汚れがあるもの・色落ちしているもの・破れて売るものの買取価格は大きく下がります。切手は紙でできていますので、どうしても劣化してしまいますが、気温や湿気の高くない場所で保管することや直射日光を避けて保存すること重要となります。
すぐに切手を売るつもりのない方は保管場所に十分気をつけましょう。

バラ切手はいくらで買取してもらえる?

電卓の画像

バラ切手と一口に言っても普通切手や記念切手などの種類があり買取価格も一概にいくらとは言えません。

一般的に普通切手の買取は額面の6割から8割の価格で買取してもらえることが多いです。切手本体の額面の価格によって異なりますし、台紙貼りをしている場合は額面の8割から9割で買い取ってくれる業者もあります。

記念切手などの場合は、希少価値があるものなどは額面以上の価値が付く場合もありますしが額面以下の価格しかつかないなどそれぞれにより大きく異なります。保存状態も買取価格に影響しますので査定してからでないと何とも言えないのが現状です。

バラ切手とシート切手の買取価格の違いは?

切手買取バラ画像

バラ切手とシート切手では買取価格に違いが出ます。シート切手の方が高値で買い取ってもらえることがほとんどです。

どれくらい違いが出るかというとあくまで一例ですが、新しい普通切手の場合、バラでは額面の8割程度であるのに対しシート状のものでは額面の9割を超える価格で買い取ってもらえるケースがあります。

まとめ

今回はバラ切手の買取に関してご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

買取が難しい場合もありますので注意が必要ですが適切な業者を選べば満足のいく買取になると思います。手元の切手の種類に応じて納得のいく価格で買い取ってもらいましょう。