中国切手

中国切手はその名の通り中国で流通している切手です。一般的に中国切手は希少性が高く、切手買取ではとても価値の高い切手として知られています。

そこで気になるのが、なぜ中国切手は高額買取されるのかという点ではないでしょうか。
今回は中国切手の中でも特にプレミア価値の高い中国切手の種類にスポットを当てて紹介します。あなたがお持ちの中国切手の中に、もしかしたら思いがけない高額切手が紛れ込んでいるかもしれません。

中国切手が高値で取引される理由

中国切手とはその名の通り中国で作られた切手を指し、時代ごとに異なるデザインが魅力の一つです。
特に中華人民共和国成立(1949年)以降に発行された切手を「新中国切手」と呼びますが、切手市場における中国切手といえば文明改革時代(1950-1990年)に発行された「文革切手」が中心になります。日本の切手は残存数が少ない、美品状態を保つのが難しいという理由から、1955年以前に発行された古い切手が高く取引されます。
一方、中国切手の中で高額取引されるのはこの1950年以降に発行された比較的新しい文革切手になります。それではなぜ高額取引されるのでしょうか。

理由①もともと発行部数が少ない

例えば文革切手の中でもっとも有名な赤猿の発行部数は500万枚と、通常の切手の発行部数よりも圧倒的に少なくなっています。純粋に発行枚数が少ないことはその切手の希少性を高める最大の要因となります。

理由②切手収集の禁止

文化大革命時代(1960-1980)には外貨獲得のために切手が発行されていたので、切手収集が禁止されており、切手の廃棄が行われていました。上記の発行枚数が少ないことも相まって、現存する切手の枚数が少なくなり、切手の価値も高まるわけです。

理由③海外への輸出禁止

当時は中国切手を海外へ輸出することは禁じられており、現在残っている切手の多くは海外旅行者が個人的に中国国内で購入して自国へ持ち帰った品になります。つまり、当時の中国で切手を手に入れるには直接中国に赴いて切手を購入するほかありませんでした。そういったこともあり、中国切手の入手難易度は当時から高かったのです。

理由④中国富裕層の中での人気沸騰

現在、コレクションや投機目的で日本から切手を逆輸入する中国富裕層の需要が増えたことも高額買取の一因です。中国国内で切手は投資の対象として有名な存在でした。中国経済の成長のともない、中国切手の価値も年々増大しています。しかし現在中国景気は停滞気味でいつ中国切手の価値が下がるかはわかりません。

中国切手の買取相場は?

中国切手の多くは額面以上の価値で取引されており、中にはバラで数万円で取引されるような切手も存在します。
特に高値で取引される中国切手について紹介したいと思います。

赤猿切手

赤猿切手 相場価格 バラで10~20万円
額面 8元
発行年度 1980年

赤猿は1980年に発行された、中国切手の中でも代表的なプレミア切手です。正式名称は「子ザル」ですが、赤い背景が印象的で一部で「赤猿」と呼ばれています。中

国初の年賀切手として発行され、その年の干支であった猿がモチーフとされた中国十二支切手の一つですが、シリーズ内で赤猿のみがプレミアの価値を持っている特殊な例となります。そのデザインの美しさで絶大な人気を誇り、この美しさがプレミアの価値を持つ最大の理由ともいわれています。

子ザルの毛並み一本一本まで丁寧に描かれ、金粉をまぶされた絵柄は中国国内で話題を呼び、郵便配達途中に切手だけ剥がされ盗まれるという噂が出回ったほど。発行部数が大幅に制限されたことで、希少性が高いためにプレミア切手となりました。猿の顔が黒ずんでおらず、金色をしているものは極美品と呼ばれ、さらに高額で取引されるそうです。

毛沢東シリーズ

毛沢東切手 相場価格 バラで10~20万円
額面 8元
発行年度 1967年

中華人民共和国主席として有名な毛沢東がモチーフとなっている毛沢東に関連する切手も中国切手を語る上で外せない品です。
特に「毛沢東の長寿を祝う」「毛沢東の最新指示」は希少性が非常に高く、高額買取が期待できます。バラでも価値は十分にありますが、シリーズものなのでまとめてシートで持っているとより良いでしょう。
1968年に発行され、一枚ずつに毛主席の肖像画と文字が描かれています。毛主席の長寿をたたえるは8種類すべてそろっていると約15万円ほどの価格が付くとか。

梅蘭芳舞台芸術

梅蘭芳舞台芸術 相場価格 バラで5~10万円
額面 3元
発行年度 1962年

梅蘭芳舞台芸術切手は1962年に発行された中国切手で、発行当時の中国で非常に人気のあった女形の京劇俳優である”梅蘭芳”がモチーフとなっています。買取価格ですが、バラで8種類すべてそろっていると10万円前後の買取が相場のようです。状態が良いものだと15万円ほどで落札取引されることもあります。
目打ちのないタイプのものは特に珍しく高額で取引されます。このレベルになるとコレクターと直接取引したほうが高値になるかもしれません。

オオパンダ切手

相場価格 15000円程度
発行年度 1963年・1973年

中国切手の中でも屈指の知名度を誇るパンダ切手、正式名称「オオパンダ」は文化大革命時代に発行されました。オオパンダ切手には2種類あり、1963年(得59)に発行されたオオパンダ切手第1次と、1973年(革14)に発行されたオオパンダ切手第2次がありますオオパンダの発行部数は普通の切手と比べて少なく、希少性は高いといえるでしょう。
呉作人(ゴサクジン)によって白地に水墨で描かれたパンダはかわいらしく印象的で、そのデザイン性も高く評価されています。

中国切手の査定ポイント

切手を査定に出す前に、切手の状態を知ることも大切です。切手買取では少しの手間で買取額を大きく上げることが出来ます。

保存状態がよく、美品である

カビ、シミ、黄ばみ、折れがないのはもちろんのこと、裏糊の機能(水分によって粘着性が出る性質)が保たれていることも重要な査定ポイントです。高値になる中国切手はいずれも年代が古く、特に切手の状態には注意を払いましょう。高温多湿な場所や直射日光の当たる場所を避けて保管しましょう。皮脂による劣化を防ぐためにピンセットを使うなどの気遣いも必要です。

シート状になっている

切手が切り離されたバラの状態ではなく、一枚のシートになっているほうが価値があるとされます。シート状の切手を手に入れたら切り離さないようにしましょう。切手の価値は保存状態に大きく左右されます。
どんなに稀少価値の高い切手だったとしても、汚れや破れがひどく使用できる状態でなければ価値がないと判断されてしまうこともあります。少しの工夫で劣化は防げるので、価値を落とさない保存方法を心がけてください。

高額買取が期待できる中国切手の種類

一口に中国切手と言ってもすべての中国切手は高額買取されるわけではなく、現在も中国国内で流通しているような切手には値段はつきません。値段のつく中国切手の一覧を以下に載せたので参考にしてみてください。

赤猿(子ザル) 毛主席の最新指示
少年たちよ子供の時から科学を愛そう オオパンダ
牡丹シリーズ 天安門図第3版
天安門図第5版 軍人切手
関漢卿組合せ 金魚シリーズ
菊シリーズ 梅蘭芳舞台芸術
第26回世界卓球大会組合せ キューバ革命4周年
黄山風景シリーズ イボハナザル
中華人民共和国成立15周年 毛主席の立派な兵士・劉英俊
毛主席の長寿を祝う語録 毛主席の長寿をたたえる
延安 文芸講話発表25周年 毛主席像(中国共産党46年)
革命的な現代京劇 毛主席は赤い太陽
毛主席詩詞 アメリカ黒人の闘争支持
徐悲鴻莽馬シリーズ 全国の山河は赤一色
パリ・コミューン100周年 幹線道路にかかるアーチ橋
31回リチオーネ国際切手展加刷 雲南のツバキ
万里の長城 中華人民共和国切手展加刷
童話ボチャン 斉白石作品選
蓮の花 中華人民共和国展覧会
紅楼夢
第3次五ヵ年計画

中国切手の査定のすすめ

中国切手は種類も多く、価値も高いことから贋作も多数出回っています。素人がその価値を見極めるのは非常に難しいため、一度専門家の鑑識をもとに価値を出してもらうのが望ましいでしょう。
中国切手の価値は年々減少傾向にあるため、売ろうとお考えの方はなるべく早く買取をされることをおすすめします。